二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界

公開日: 更新日:

 両親の後押しで児童劇団に入り、女優を目指していた松坂慶子。高校卒業後、大映専属に。1980年代、「火宅の人」「蒲田行進曲」などの映画で一躍、スター女優の仲間入りを果たしたが、女優人生の起点になる作品となったのが1971年「夜の診察室」だった。

 後に映画関係者から聞いた話は、当時の映画界を象徴する話だった。

「本来、主演は当時、売り出し中のセクシー女優・渥美マリだったのが、“もう肌を露出するのは嫌”と拒否したことで松坂が起用された。結果的にこの映画で松坂は注目されるようになり、スターの階段を駆け上がっていった。対照的に渥美は松坂に嫉妬するようになって精神的にズタズタになり、睡眠薬で自殺未遂を起こすなどした」

 女優がケガや病気で降板。「内心、手を叩いて喜んだ」といわれた時代。代役にとって巡ってきたチャンス。松坂はこの映画をきっかけに確実にステップアップし、松竹に移籍後もさらに活躍の場を広げていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る