黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

公開日: 更新日:

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の大ヒットで、映画界が空前の活況ぶりを呈している。その陰でひっそりと幕を閉じようとしているのが、長編ものの監督作品としては2作目となる黒木瞳(60)の「十二単衣を着た悪魔」(キノフィルムズ)だ。

 この作品は作家・内館牧子氏の小説を原作としたSFもの。フリーターの青年が雷に打たれて源氏物語の世界にタイムスリップするストーリーだ。11月6日に全国公開されたが、大コケする気配が漂っている。

 興行収入をザックリと計算してみた。全国43館の各劇場で販売されたチケット数(1万5661枚=11月17日14時現在)に、入場料金(一般入場料1800円、大学生1500円、シニア1100円の平均入場料1467円)を掛けると、約2297万円という数字になった。時代劇の要素を加えた映画で、この数字は相当厳しいと言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  8. 8

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  9. 9

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  10. 10

    田村厚労相が論文引用で墓穴 研究見解が180度変わっていた

もっと見る