おじいちゃん先生の印象だが…古関裕而さんの偉大さを実感

公開日: 更新日:

 舞台公演真っただ中で、絶賛筋肉痛ですが、元気でやってます。

 いよいよ今年もあと1カ月。コロナ禍の中、一時収録がストップし再放送でつなぎながらも何とかゴールしたNHK朝ドラ“エール”。最終回に向かってのストーリーのすっ飛ばしっぷりはダイジェストか? と思うほどの前代未聞のはしょり方で、変に良かった。お疲れさまでした。現場のスタッフや共演者の、火事場のばか力のようなチームワークの良さが画面にあふれていた。大ラスは薬師丸ひろ子山崎育三郎、森山直太朗ら出演者たちによるNHKホールでの古関裕而作曲の名曲コンサートのおまけ付き。楽しかった。

 古関裕而さんといえば、フジテレビで昔やってた欽ちゃんが司会の「オールスター家族対抗歌合戦」にデビュー間もない頃、山田家の家族で出させていただいた時に審査委員長をされていて、品の良いおじいちゃん先生というイメージだった。当時は私が無知で、先生の偉大さがわからなかったが今ならわかる。1964年の東京オリンピックのオリンピック・マーチも、スケールの大きさと颯爽とした半端ないワクワク感があり今年のオリンピックはなかったけれど、改めて曲を聴いて来年に気持ちをつなげたような気がした。世界中で大変な時に日本でオリンピックなんて、とても大変かもしれないけど、逆に“持ってる!”とも言える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る