田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

最終週を飾る「オリンピック・マーチ」に盛り込まれた曲とは

公開日: 更新日:

 コロナ禍の影響で2カ月半の中断を余儀なくされた「エール」も、いよいよ11月23日から最終週に入る。こんなに長い期間、本編の放送がなかったのは、来年で60周年を迎える朝ドラ史上初めて。これまでは、東日本大震災によって「てっぱん」(2010年度下期)が1週間放送休止したのが最長だった。

 最終週では、古山裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の長女・華(古川琴音)がめでたく結婚。相手はロカビリー歌手の霧島アキラ。演じるのは宮沢氷魚(26)である。すでにモデルや俳優として活躍中だが、今回初めて知った視聴者でも、その姿と宮沢という名前を見てアッと思った人が多いのではないだろうか。父は「島唄」で大ヒットを飛ばしたTHE BOOM(2014年解散)のボーカル宮沢和史(54)。顔や雰囲気がソックリだ。

 さて、最終週での注目は古山のモデル、古関裕而が作曲した「オリンピック・マーチ」と、好敵手・古賀政男(ドラマでは木枯正人=野田洋次郎)の「東京五輪音頭」。前者は1964年東京オリンピックの入場行進曲、後者は同テーマソングである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る