<77>俳優・金子信雄に「女体盛り」芝居の台本を頼まれた

公開日: 更新日:

 俳優の金子信雄といえば、映画「仁義なき戦い」の山守義雄親分の印象が強い。菅原文太が演じる主人公の広能昌三を振り回す臆病でずる賢いヤクザの親分役だった。

 その一方で料理研究家としても知られ、1987(昭和62)年4月から朝日放送制作の料理番組「金子信雄の楽しい夕食」(テレビ朝日系)に出演。女優の東ちづるをアシスタントに従え、自ら考案したレシピをもとに自慢の腕前を披露していた。

■料理番組の儲けをつぎ込んで…

 月曜日から金曜日まで放送される帯番組だから、まとまったギャラが入る。さて、そのカネをどうするかという話になり、牛次郎の脚本で舞台をやることになった。

「ネコさんとは数寄屋橋(東京・銀座のクラブ)で会ったのが初めてだったんじゃねえかと思うんだけど、ずいぶんご一緒したんだよ。そのうち『牛ちゃんの台本でお芝居をやろう』って話になっちゃって。『料理番組は俺の本職じゃないのにさ、やたらと儲かっちゃったんだよ。その分は税務署に取られちゃうわけだ。だったらお芝居に使ったほうがいいよな』って、赤字覚悟でやることになったんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る