“生誕祭”の翌日に 45歳GACKTが連れていた金髪ガングロ女性

公開日:

 都内屈指の高級住宅街の一角を、黄金色に光る巨大なアメ車のリンカーンナビゲーターが静かに低速で走っていく。7月5日午後7時のことだ。ハンドルを兄ちゃん風の若者が握り、助手席では金髪ガングロ風の女性がスマホをいじっている。車は高級焼き肉店の前に停車し、運転席の男性が降り、後部ドアを開ける。そして、左足が地面に着き、次は右足と、ゆったりとした動作で降りてきたのは、そう、GACKTだった。

 白色に輝く派手めのジャケットに銀色に光るサイズ大きめのメガネをかけて、まるでアラブの王子のように堂々と、慣れた様子で店内に入っていった。GACKTに続き、後部座席からは、ガタイの大きな男性が降りて店内に一緒に入っていく。そして、金髪ガングロ女性も体のラインにぴったりの黒ワンピにピンヒールという予想通りのいでたちで後を追うように入っていった。

 この前日はGACKTの記念すべき45歳の誕生日。例年“生誕祭”と称したイベントが開催されているが、やはり都内のライブハウスでバースデーライブが催され、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔や、関根麻里の夫でシンガー・ソングライターのKら豪華ゲストが参加。YOSHIKIやHYDEから届いたビデオメッセージも披露され、大いに盛り上がったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る