いま高座にかけてる噺は古今亭志ん朝師匠の持ちネタが多い

公開日: 更新日:

 1982年12月、一朝の真打ち披露興行に師匠の柳朝は病気療養中で出られなかったが、代わりに、協会幹部の師匠連が口上を述べてくれた。

「口上を聞いてて、『あ、この師匠は俺のことをこう思ってたんだ』とわかることもあって面白かったですね。ただ、大師匠の彦六が1月に亡くなってしまったのが残念でした。存命なら多分、司会をやりたがったと思います。『演芸半ばではございますが……』と始めるのが大好きでしたから」

 志ん朝は柳朝と<二朝会>という二人会を催すほど仲が良かったので、柳朝の病後、一朝に目をかけてくれた。

「ずいぶん稽古をしていただきました。今あたしがよく高座にかけてる噺は、志ん朝師匠の持ちネタが多いんです」

 昨年の独演会で演じた「抜け雀」「三枚起請」「芝浜」は志ん朝のネタだ。それらを一朝は正確に志ん朝の呼吸(いき)と間合いで演じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る