弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

公開日: 更新日:

 一朝に遅れること2年、1970年4月、柳朝に弟子入りしたのが春風亭小朝である。高校に通いながら、夜席だけ寄席で働く小朝(前座名・小あさ)を柳朝は甘やかした。

「小朝が寄席を5日も休んだので、どうしたのかと師匠に尋ねたら、『林間学校に行ってる』と言うんで、楽屋に居た皆が呆れたくらいでして」

 小朝は二つ目昇進後、めきめきと頭角を現す。テレビのレギュラー番組では「横丁の若様」のキャッチフレーズで売り出し、勉強会を開けば満員の盛況だ。NHKの新人落語コンクールで最優秀賞を取ったことで、さらに評価が高まり、落語協会の理事会で、80年5月に真打ちに昇進させると決まった。先輩二つ目を36人飛び越しての大抜擢である。

「その中にあたしも入ってたんで、師匠は伝えにくかったんでしょうね。いつ言おうかと躊躇してるうちに、脇からあたしの耳に入っちゃった。『師匠、水くさいじゃありませんか。弟弟子の出世を、あたしがねたんだりひがんだりするわけないじゃないですか。長い付き合いなんだから、言ってくれりゃいいのに』。そう言いたかった。ちょっと寂しかったですねえ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る