「俺の家の話」2桁発進 ロバート秋山が絶妙“バランサー”に

公開日: 更新日:

「期待度が高いと、視聴者の見る目は厳しくなりがちです。そこそこ批判も出るかなと思っていたんですが、高評価でホッとしました」(制作会社スタッフ)

 映画やドラマ、アニメのレビューサービス「フィルマークス」の「2021年 地上波放送の冬ドラマ 期待度ランキング」によると、首位はNHK大河「青天を衝け」で、次いで22日にスタートしたTOKIO長瀬智也(42)主演の「俺の家の話」(TBS系金曜夜10時)。民放連ドラでは期待度トップだった。

 初回の世帯平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタ発進。

 Yahoo!テレビの「みんなの感想」でも約7割が最高の“星5つ”の評価だ。〈制作陣、共演者の熱い意気込みが画面から伝わってきます〉〈やっぱりクドカンドラマは面白いなあと安心しました〉などなど、満足度の高さをうかがわせるコメントが目立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

もっと見る