本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

桂ざこば師匠の「楽屋トイレ掃除」エピソードには強い絆が

公開日: 更新日:

 朝丸時代(1963~88年)「ウィークエンダー」(日本テレビ系)のリポーターや、「キリンをいじめるんですな。熱い餅を食べさすんですな。首が長いからいつまでも熱い~熱い~言うとるんですな」といった“動物ネタ”の小噺で大人気だったざこば師匠。朝の情報番組「痛快!エブリデイ」(関西テレビ)で初めて構成者としてご一緒させていただきました。

 豪快で人情に厚く、涙もろい。実際に接すると、腰が低く、周囲にもよく気を配られる。本番中も喜怒哀楽がストレートで、政治家の不祥事などには、こぶしでテーブルを叩きながら熱く怒ったり、感動的な話になると涙を流されたこともしばしばでした。

 ある時、本番前の楽屋のトイレで個室のドアを開けて掃除しているざこば師匠と遭遇し、「なにかありましたでしょうか?」と尋ねると「なんもないよ、なんもないよ、ちょっと(便器)汚れとったさかい、流してるだけやから大丈夫」と言う。「後でスタッフに言っておきます……」と言いかけると「かめへん、かめへん、もうきれいになった。俺が汚したわけちゃうねんで、入ったら汚れてたさかいきれいにしとかんと“俺が汚した”ように思われるやんか。それでもええねんけど、(桂)米朝の弟子はトイレ汚してもそのままにしてると思われたら、師匠の名前に関わるがな。それは弟子として絶対やったらいかんことやから、これは俺が自分で掃除せなあかんねん。おおきにありがとう。もう済む(掃除が終わる)さかい、大丈夫やわ」と掃除をしながら語られたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  10. 10

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

もっと見る