井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

不要不急? 忘れかけた味わいを取り戻しにいくのは必要だ

公開日: 更新日:

 関西にしばらく戻れていない。ウマいものを食べてないから気が晴れないのだ。半世紀前から行きつけてきた大阪ミナミの居酒屋「二色」に「おう、どないやねん、来たでぇ」と声を上げて飛び込みたいのに、いつになったら行けるんだ。緊急事態が続くんじゃ、夢で見るしかないのか。

 二色の名物、串揚げは何でもウマい。壁に貼ってあるお品書きの右からでも左からでも順番にダァーッと全部、揚げてもらっても安いもんだ。串カツというけど、もちろん「牛カツ」だ。うずら串もウインナーもタマネギもシシトウもなかなかのもんだ。さらに名物の関東煮、つまり、おでん。いつ誰が関東から伝えたのか知らないが、牛スジもダイコンもだしのしみた(しゅんだ)タマゴも憎たらしいほどウマいんだ。さすがに池波正太郎もここの味は知らんだろけど、いやぁ、書き連ねて思い出してたら、よだれが出てきてほんまに食いに行きたくなったよ。不要不急が解けたらGoToトラベルでどうぞってか? 言われなくたって行ってやるわい。我はおでんと串揚げの“味”を思い出しに行きたいんだ。不要も不急もあるか。必要なんだ。忘れかけた味わいを取り戻しにいくのは映画館に行くのと同じだ。味わいに行かないと、食感も五感も体が腐ってしまうんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る