室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

銀座クラブ飲食問題 嘘つきは自民党の“お家芸”ってことで

公開日: 更新日:

「国民に無理をお願いする中、政治家は襟を正さなきゃならない」(菅義偉・総理大臣)

 これは1日の菅首相の言葉。

【写真】この記事の関連写真を見る(30枚)

 新型コロナウイルス緊急事態宣言中に銀座のクラブで飲食した松本純議員、田野瀬太道議員、大塚高司議員について問われたことへの。この三人は離党勧告処分となった。

 もう一人、おなじように銀座にいった、公明党の遠山清彦衆院議員は辞職したんだけどな。

 遠山氏が辞職しなければ、自民党議員たちも、「誤解されるような真似を慎む」とかなんとかいって終わりだったんじゃないかい?

 遠山氏の辞職というニュースを知ったとき、ちょっとだけ「good job、公明党!」って思っちゃった、わし。

 いやいや、でもこの遠山って人、政治資金でキャバクラで遊んでいるのもバレたんだっけ。センセもお好きね~。

 それにしても、松本氏は、銀座へ遊びにいったことがバレて謝罪している中で、よく一人でいったってさらなる嘘がつけたな。

 つか、はじめから嘘つきの要素は見えていた。

 松本氏ははじめ、

「(銀座のクラブへはコロナ禍の中の)陳情を聞きにいった」

 とかいっていたんだ。

 笑かす。「ママにどうしてもってお願いされて」「気に入った子、もうちょっとで口説けそうで」「コロナ禍でも男心が抑えられなかった」とか正直にいっていたら、「わかる~」と庇ってくれる男性もおったんじゃないかい?

 ま、嘘つきは自民党議員のお家芸ってことで。

 それにしても、菅首相もズレてるよ。離党勧告とは、彼らの行為が党に迷惑をかけたと受け取ったちゅーことでしょう? 違うよね、飲みにいった4人の議員は、国民を不快にさせたんだよな。

 でも、これ以上の処分にすると身内から、「じゃ、安倍さんは? 河井夫婦は?」といわれるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る