井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

新政権になってアメリカは正気を取り戻せるのだろうか?

公開日: 更新日:

 アメリカは世界一のコロナ禍でクタクタだというのに、あの与太者トランプに扇動された議事堂乱入暴動の“トランプ禍”まで重なり、最後の最後まで大混乱に見舞われた。

 議事堂の中の警察官まで暴漢に味方したとか……トランプの叫ぶ愛国心が正義だと信じる白人至上主義(人種差別主義といっていい)の病んだヤツらがいる限り、この国はどうなるんだろうか。さすがに愛国者として恥ずかしく思ったか、あのシュワルツェネッガーも「トランプは史上最悪のヤツだが、もうどうでもいい」と嘆いていた。

 ヤツは消え失せるだろうが、国は分断されたまま。同時に「自由と平等」についての実験国家だ。いつになったらアメリカは正気を取り戻すのか。コロナに勝って渡航自由になったら、久しぶりに旅に出たいと思ってるんだけど。とにかく、何ごとにも優柔不断でシャキッとできないばかりか、「忖度」や「同調圧力」しかなく、まだ東京五輪に固執するこんな愚かな国などしばらく忘れて、脱出したいもんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る