井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

麻生大臣、どの口曲げて「給付金の支給ナシ」と言えるのか

公開日: 更新日:

 コロナめ、地球にどれだけ貸しがあったのか。猛威を振るってやがる。森林の乱開発や異常気温で、ウイルスどもが目覚めたのは確かだろ。花のお江戸も感染地獄の最中だ。

 おかげで、23日から「無頼」の舞台挨拶と共に予定してくれてた東北地方、フォーラム福島、山形、仙台、八戸とフォーラムチェーンでの公開が1カ月ほど延期になった。緊急事態都市からの移動も遠慮してもらうしかないということで、悔しいがここは待つしかない。

 とはいえ、池袋でも千葉でも公開中だ。今月末から岐阜の関市、群馬の高崎で、2月から神奈川の厚木も予定中だ。「無頼」の順次全国ロードショーは今後も続く。ひょっとしてシネコンもやってくれるかもだ。乞うご期待。

 で、河野ワクチン担当大臣よ、ワクチンはどうなんだ。“重症化を防ぐということですので2月下旬から”って、どこまでの根拠で言ったんだ。もう自分で試しに打ってみたのか。感染してないなら御利益はないか。実はもう何人にも接種済みで臨床実験中とは聞いてないのか。なんで大まかに言うだけなんだ。WHO(世界保健機関)からそのワクチンでOKと知らせてきたか? 効き目があっても発表できないのか。歯がゆい言い方をするやつばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る