元フジ大島由香里が衝撃SEXY! 初の写真集が発売2日で重版

公開日: 更新日:

 元フジテレビのアナウンサー大島由香里(37)の初グラビア写真集「モノローグ」(講談社)が、22日の発売後2日で重版が決定し、話題となっている。

 同写真集は現在、Amazonランキング「タレント写真集部門」でも堂々1位(24日)。アザーカットが発売中の「週刊現代」にも掲載されているが、純白の下着姿や一糸まとわぬ背中もろ出しのカットまで、37歳のオトナの色気が爆発だ。

 撮影は沖縄。ビーチではビキニ姿で、ペンションのベッドでは美脚で悩殺。ノースリーブのブラウスの上からシャワーを浴びる“ずぶ濡れショット”もあり、局アナ時代には想像できなかった大胆な姿を披露している。

フィギュアスケーターの小塚崇彦と電撃結婚するも3年で破局

 大島は2007年にフジテレビに入社。12年から「ニュースJAPAN」のメインキャスターとなり、後続の「あしたのニュース」も担当するなどフジの「報道のエース」だった。

 16年にフィギュアスケーターの小塚崇彦と電撃結婚。翌年には長女を出産し、子育てに専念するため17年に同局を退社。小塚の本拠地である名古屋で暮らしていたが19年に離婚。原因は小塚の女癖の悪さとされていた。結婚生活は3年ちょっとだった。

 女子アナ評論家の松本京也氏はこう語る。

「同局の若手アナの中では、もともと地味で目立たないポジションでしたが、報道番組のメインに抜擢されてから人気が出ました。当時から美形でスタイルのよさも注目されていたので、グラビア映えするでしょうね」


田中みな実に強力ライバル出現か

 退社時には「将来的にはフリーアナウンサーとして活動を再開することも考慮している」と公言していた大島だが、元局アナの熾烈な生き残り合戦が繰り広げられる中、まさに“一肌”脱いで勝負に出た格好だ。

 近年、フリー転身後、グラビアに挑戦しブレークした例といえば、田中みな実(34)が思い浮かぶが……。

「報道のお堅い印象があった大島さんともともとバラエティーのイメージが強かった田中みな実さんとは少しニュアンスが違うでしょう。ただ、大島さんの場合、控えめで好感度も高い。いきなり報道のメインというわけにはいかないかも知れませんが、今は母の顔もあるので、情報番組の司会やコメンテーターなど、仕事は広がっていくのではないでしょうか」(前出の松本氏)

 フリーアナ戦国時代に参戦する「報道のエース」が復活ののろしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る