お盛んなNHK桑子真帆アナ “フリー転身説”依然くすぶる理由

公開日: 更新日:

 昨年末の紅白司会も務めたNHK桑子真帆アナ(33)が、「FLASH」に“超肉食系素顔”と報じられたのは1月末のこと。

 元交際相手を名乗る男性が「不倫デート」「変態」などと書き込まれた2人のプリクラとともに、桑子が大学在学中だった06年から15年までの9年間“セフレ関係”にあったと告白。さらに多いときで桑子は「三股交際」していたことも暴露した。

 話が事実だとすれば、同局の“朝の顔”の看板アナは、かなりお盛んということになり、そのインパクトは絶大だ。

 発売中の「週刊文春」は「桑子アナ独立を支える大物司会者」として、報道でイメージダウンとなった桑子アナの独立の可能性について報じている。

 記事によれば、桑子アナは15年、東京勤務になると同時に「ブラタモリ」の3代目アシスタントに就任。全国区な知名度となったが、タモリは彼女をいたく気に入っており、番組卒業時に「何かあったら、いつでも相談に乗るからね」と言ったという。独立やフリーという言葉は使わなかったが、周囲はこの言葉を「独立するなら」の意味で受け取った。そして、桑子がNHKを独立する暁には、タモリが強力な後ろ盾になるだろうと結論付けている。さるテレビ局関係者はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る