静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

公開日: 更新日:

「原田以外にもいっぱい女がいるからね。俺、そこそこモテるのよ。毎週違う女と遊んでいるんだから」

 静岡放送の原田亜弥子アナウンサー(40)との手つなぎディナーや別宅お泊まり、ゴルフ旅行のベタベタぶりを写真誌「フライデー」に報じられた同放送の大石剛社長(51)は、同誌の取材にこう答えたという。

 発売中の同誌によると、大石社長と原田アナは昨年からダブル不倫関係にあり、局内では有名な話だったとか。繁華街を歩く2人は人目も気にせず、堂々と手をつなぎ、腕を組み、原田アナが大石社長にしなだれかかる姿も。夕食を終えた2人は、当然のように大石社長の別邸に帰宅すると、日付が変わっても姿を見せることはなかった。さらに休日には新幹線に乗り込み、ゴルフ旅行に出掛けていたというから、何とも大胆だ。

 お互い既婚者で子供もいる。しかも原田アナは地元で有名な人気アナ。一方の大石社長は静岡放送だけでなく、静岡新聞社の社長でもある。県サッカー協会、静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団などの代表を務める地元の名士だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る