二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

女優のメーク&スタイリストは本人に一番近い存在だが…

公開日: 更新日:

 芸能人の裏方として欠かせない存在がスタイリスト、ヘアメークの人たち。トップの女優や歌手は専属を抱えているのが一般的だ。

「専属でやっている人は女優の服の好みなどを把握しているし、メークもわかっているから、女優も細かく指示する必要がない」というのが理由。

 女優のインタビューだけでも、専属のヘアメークが付いてくることも少なくない。映画関係者は「話と顔が公に出ることはテレビも雑誌も関係ない。女優として同じ仕事。メークの人も連れて行くものです」と言う。

 一般の人でも気に入った美容師にずっとカットしてもらうように、女優も専属者と長い付き合いをするケースも珍しくない。長ければ両者の間に自然と信頼関係も築かれる。 

 親交のあったベテランスタイリストと雑談しながら、「へえー」と思う話もよく聞いた。現代劇から時代劇まで主役を張るある女優の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

もっと見る