加藤浩次は契約終了へ…“スッキリ芸人”になれるか粛清か

公開日: 更新日:

 上司に向かって怒鳴るように真正面から持論をぶつけ、我が道を突き進む――。国民的人気ドラマとなった「半沢直樹」(TBS系)はサラリーマンから拍手喝さいを浴びたが、やはり、テレビの中の話なのだと痛感させられた人も少なくないだろう。

 吉本興業は9日、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(51)とのエージェント契約を今月31日で終了すると発表した。

 加藤は2019年夏に報じられた同社所属タレントの「闇営業」に対する会社の対応を痛烈に批判。自身がMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」では、「今の社長、会長体制が続くのなら俺は吉本興業を辞める」とまで言い切るなど、当時、メディアでは「加藤の乱」などと大きく取り上げられた。

 その後、同社の大崎洋会長(67)との会談を経て、エージェント契約を締結。「加藤の乱」の前と変わらない活動を続けてきたのだが、騒動から1年7カ月余り経ち、加藤は吉本という看板を完全に外すことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る