吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

公開日: 更新日:

 吉本興業の大崎洋会長が「もう戻らんでええと思うで。いちいちユーチューブでネタにすんなって話や」と、2月12日発売のフライデーで「雨上がり決死隊宮迫博之(50)のことを切って捨てた。宮迫はことあるごとに「吉本に戻りたい」と周囲に漏らしてきたが、これで復帰の目は100%消えたと言っていいだろう。「オリエンタルラジオ中田敦彦(38)と藤森慎吾(37)らの退所が続き、浮足立っていた吉本芸人たちにとっては強烈な一言だったと言える。

「宮迫は闇営業問題が報じられた際、吉本に対しても『お金をもらっていない』とウソをついていました。ですが、謝罪会見では、なぜか自分のウソを棚に上げ、吉本からの“圧力問題”に話題をすり替えた。当初吉本は宮迫とロンブーの田村亮に関してマスコミから守る姿勢だったのに、宮迫はそれを逆手に取って事務所批判を展開したのです。そのことを大崎さんは今も怒っています。大崎会長が“筋を曲げるのが嫌いな性格”というのは、この業界では有名な話です。芸人たちが続々と独立していることに関しても、内心は穏やかではないでしょう。歯止めをかけるべく、どこかのタイミングで行動に移す可能性があります」(芸能プロ関係者)

 その矛先は、吉本の首脳陣を糾弾し “加藤の乱”を起こした「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)に向かうという見方がある。吉本と「専属エージェント契約」を結んだものの、加藤がMCを務める「スーパーサッカー」「この差って何ですか?」(ともにTBS系)が今春に終了するためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質