「加藤浩次だから見る」は番組の視聴動機にどれだけあるか

公開日: 更新日:

 タレント加藤浩次(51)が吉本興業と結んでいたエージェント契約の打ち切りが吉本側からの申し出だったことで、「粛清の始まり」などと取り沙汰されている。同じくエージェント契約の芸人たむらけんじ(47)のクビも危ないんじゃないか等々、SNSでの狂騒もかまびすしい。

 実際、闇営業問題の宮迫博之をはじめ、中田敦彦西野亮廣ら吉本とたもとを分かったタレントはテレビのレギュラー番組がない状態にある。加藤がこの秋の改編で日テレ系「スッキリ」のMCから降ろされるとの臆測は業界内でも言われている。しかし、だからといって、大手芸能プロに盾突いたら明日はないとの結論を導くのは早急すぎる。

 テレビの制作費で、最もコストがかかるのが人件費。出演者、制作者(ディレクター、アシスタント)だ。毎年、恒例のように制作費が削減されていく中で、テレビの現場は上から落ちてくるバジェット(予算)の中でやりくりするという昔ながらのスタイルを今も続けている。自分たちでマネタイズ(収益化)しようにも、局の営業のからみもあって、自由にできないのが現場の実情だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  6. 6

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  7. 7

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  8. 8

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    今田美桜「恋ぷに」大コケも…“次世代ヒロイン”に躍り出た

もっと見る