本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ミルクボーイ「M-1」優勝までの凸凹道…霜降り明星に発奮

公開日: 更新日:

「M-1グランプリ2019」ファーストステージ歴代最高点で最終決戦に進み優勝を果たしたミルクボーイ。第7世代を筆頭に派手なビジュアルのコンビが多い中、「昭和のたたずまい」を残した、お年寄りから子供たちまで、広い年齢層にわかってもらえるネタ作りを続けています。

 2人は大阪芸術大学・落研時代から「ミルクボーイ」としてコンビを組んでおり、卒業後はNSC大阪へ入学するはずだったのですが、若手の登竜門baseよしもとのオーディションに受かってしまい、そのままプロとして漫才の道へ進むことになりました。

 2人が劇場組のトップステージへ上がってきた頃、スタイルは今と変わらずでしたが「テーマ」が違いました。現在はM-1でも演じていた「最中」や「コーンフレーク」のような多くの人が知っている説明のいらないテーマですが、当時は「太宰府」(福岡県の太宰府天満宮)のような、“知る人ぞ知る”マニアックなテーマが多く、知らないお客さんの時には全く反応がないという舞台もありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る