本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

すゑひろがりず 「これが最後」と開き直り伝統芸能風コントXmasで大ウケ

公開日: 更新日:

「M―1グランプリ2019」で決勝に進出、結果は8位に終わりましたが、袴姿で鼓を叩くという「狂言・古典芸能風漫才」で知名度が飛躍的にアップしました。

 2人はNSC大阪28期生。右側で扇子を持っている三島君は在学中に「M―1グランプリ2005」でバルチック艦隊というコンビで準決勝に進出し、将来を嘱望されていましたが、ほどなく解散。左側で鼓を持っている南條君は卒業後、当時のコンビを解散。一時期は2人を含めたトリオでやっていた時期もありましたが、1人が抜けて11年から現在のコンビに。しかし、2人のしゃべりがうまくかみ合わず、M―1を含めた数々のオーディションに落ち続け、自分たちの形探しに、M―1の決勝進出コンビの模倣を試みましたがどれもしっくりいかず、なかなか自分たちの形を見つけることができませんでした。

 翌12年には早くも解散を決意し、最後のスケジュールに残っていた劇場オーディションに“最後やからやりたいことしよう”と白シャツに黒ズボン姿で「伝統芸能風コント・クリスマス」というこれまで舞台で一度もやったことがないネタを演じることに。その内容は……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る