桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

公開日: 更新日:

 このところ、テレビでやたらと「お笑い第7世代」というワードを耳にする。もともとは2018年のM-1で優勝した霜降り明星のせいやが、自分たち世代をそう呼んだのがきっかけ。そのキャッチーなネーミングにメディアが飛びついた。

 じゃあ、その定義は? というとかなり曖昧。平成生まれとか20代とか解釈はまちまち。そのざっくり感が逆に使い勝手がいいようで、ニューウエーブに代わる言葉として、多用されている。

 ちなみに、霜降り以外ではネオ渋谷系チャラ芸人のEXIT、18年「キングオブコント」王者ハナコ、脱力系漫才トリオ四千頭身、19年「女芸人№1決定戦 THE W」優勝者3時のヒロインなど。宮下草薙、かが屋、ぺこぱも入るというから訳がわからん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

もっと見る