碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

大豆田とわ子と三人の元夫 続きが見たくなる大人のドラマ

公開日: 更新日:

 今期、最も“クセになる”ドラマである。「大豆田とわ子と三人の元夫」(関西テレビ制作、フジテレビ系)のことだ。

 大きな物語が展開されるわけではない。大豆田という珍しい名字を持つ、とわ子(松たか子)。彼女の元夫で、平凡な名字の田中(松田龍平)、佐藤(角田晃広)、中村(岡田将生)。この4人の「日常」と「微妙な関係」が淡々と描かれていく。

 ただし、ぼんやりと見ているわけにはいかない。なぜなら、一つのセリフも聞き漏らすことができないからだ。というか、これほど「セリフ命」なドラマも珍しい。

 たとえば、皮肉ばかり口にする中村に対して、佐藤が言う。「人から嫌われることが怖くなくなったら、怖い人になりますよ」。また、とわ子が親友の綿来かごめ(市川実日子、好演)に、元夫との関係が「面倒くさい」と愚痴る。すると、かごめがこう答えた。「面倒くさいって気持ちは好きと嫌いの間にあって、どっちかっていうと好きに近い」と。ドラマ全体が、まるでアフォリズム(警句)を集めた一冊の本みたいだ。

 脚本は坂元裕二。2017年の「カルテット」(TBS系)同様、舞台劇のような言葉の応酬はスリリングで、行間を読む面白さがある。

 そして、セリフが持つニュアンスを絶妙な間と表情で伝える俳優陣も見事。万人ウケはしなくても、続きが見たくなる大人のドラマだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る