てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

憧れの先輩芸人の「心と技」を受け継ぐ有吉弘行のトーク術

公開日: 更新日:

「だって一番カッコいいんだから、この人たちが」(有吉弘行TBS「櫻井・有吉THE夜会」5月27日放送)

 有吉弘行(47)は猿岩石時代、ヒッチハイク旅でアイドル的人気を得るも一気に仕事を失い、くすぶっていた。その頃、有吉は出川哲朗や上島竜兵のようなリアクション芸人になりたかったという。その理由を率直に語った言葉を今週は取り上げたい。

 仕事がない頃、有吉の“命綱”となっていたのは「竜兵会」だ。上島がラジオ番組終わりに、その番組に出演していた後輩たちを集めて飲み会を開いたことがきっかけで始まった。上島は有吉を寵愛し、ほとんど毎日、多い時は10日連続で飲みに誘った。

 当時、収入がほとんどなかった有吉は、彼らに芸人を辞めようかという相談もしている。だが、どうしても家賃や生活費が払えなくなったら、みんなでカンパしてやるからと引き留められ、ギリギリ辞めずに踏みとどまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る