てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

憧れの先輩芸人の「心と技」を受け継ぐ有吉弘行のトーク術

公開日: 更新日:

「内村プロデュース」(テレビ朝日)への出演チャンスを掴むと、なぜか全裸で登場する「猫男爵」という人気キャラを生み出したり、いきなり砂を食べるという“奇行”を演じたりした。インパクトを残し、これまではほとんどなかった、男性ファンからの支持を得るようになったのだ。

 今では体を張ることはほとんどなくなったが、そのトーク術にはリアクション芸から学んだことが生かされている。

 上島の持論である「リアクション自体はそれほど大したことなくても、そのひと言でポンとハマったら面白く見える。だから、俺の中で最後のひと言には結構こだわる」(竹書房・上島竜兵著「これが俺の芸風だ!!」05年8月1日発売)に従うように、有吉は「大事なのはトドメを刺すことだからね。のらりくらりやって、トドメだけバシッと刺さないといけない」(テレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」13年8月28日)と、トークでも最後のひと言にこだわる。

 そして、その直後には上島や出川が最後に可愛げのある表情で笑いを誘うように、必ず飛び切りの笑顔を見せる。自らの武器を「毒舌と笑顔のバランス」(フジテレビ「キカナイトF」12年8月24日)だと語っていた。有吉は“憧れ”のリアクション芸人の「心と技」を受け継いだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る