本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ネタにダメ出しするも…麒麟はアドバイスを聞く耳の持ち主

公開日: 更新日:

 舞台登場時にマイクに顔を近づけ低音ボイスの「麒麟です」がおなじみの漫才コンビ川島君と田村君の「麒麟」。在学中は一人でやっていた川島君に、「いい声をしてたな……」というぐらいしか印象が残っていませんでした。

 後にコンビを組んでM―1では第1回大会から6回大会まで5回も決勝に進んで人気、実力共に不動のものにした2人。私が若手の劇場「baseよしもと」でネタを見るようになったのは実は05年のM―1の最終決戦で麒麟が演じた「ファッションショー」のネタを見たのがきっかけでした。川島君のボケの司会者の言うことに従って田村君が振り回される、麒麟らしいおもしろいネタでしたが“モデル”の田村君が一回一回、登場する立ち位置まで戻るのを見て、時間の使い方が「もったいない」と感じたのです。「モデル田村」の登場シーンが4回か5回あり、スタートの立ち位置に戻る部分の繰り返しが気になりました。M―1は4分間ですから、10秒程度でも貴重です。10分ネタ中の10秒は緩急をつける時間として有効かもしれませんが、4分ネタの10秒は大きなタイムロスになる。極端に言えば、ボケのチャンスを2つ3つ犠牲にしているとも言えるわけです。実力が均衡している者同士の勝負の時にはいかに削り込めるかがカギになります。この時のネタを見て、私は若手担当の責任者に「baseよしもとの子たちを指導させてほしい」と頼み込んで、それまでは時間に余裕のある時にしか見られなかった若手のネタを仕事として、多い時には年間300日近く見ることになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  6. 6

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る