城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

篠原涼子「母より女優」にバッシング 東京五輪のドサクサで離婚を発表したのは正解だったか?

公開日: 更新日:

 やっぱり、注目されたくない発表は、オリンピック開催中にするほうがいいと考えたのだろう。

 俳優、市村正親(72)と篠原涼子(47)の離婚発表はオリンピック開幕のすぐ後に行われた。その後、金銀銅のメダルを日本勢が次々に獲得し、市村・篠原の離婚の話はアッという間にかき消された格好だ。

 この2人、年齢が大きく離れてはいても、本当に仲が良く、“いい夫婦”の見本のように扱われてきた。25歳も年が離れていても、篠原は役者として大先輩の市村のことを尊敬するところから恋愛がスタートし、さらに市村の胃がんの闘病を共に乗り切った姿を見て、羨ましいくらいの夫婦像だと思っていた。

 ただ、ちょっとおかしいなぁと思い始めたのは、昨年8月に篠原が自宅を出て別居したとの報道があった頃からだ。当時、新型コロナの家庭内感染を心配しての別居だと説明されていた。確かに、篠原が女優業で仕事が続いていたことは事実だし、仕事の現場で多くの人と接触することもわかる。また、高齢と言ってもいい市村に万が一にも感染させたら大変なことになるという理由もわかる。しかし、市村も仕事は続けているわけで、それを理由にした別居というのは極端な発想に思えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた