細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年、岡山市生まれ、鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。7月に「沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)が、第43回講談社本田靖春ノンフィクション賞を受賞。

飯野矢住代誕生秘話<16>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

公開日: 更新日:

 12月22日、午後7時15分、広尾の日赤中央病院(現・日本赤十字社医療センター)で2150グラムの男児を出産した飯野矢住代は、父親となったジョニーに見守られながら再び眠りについた。しかし、喜びも束の間、午後10時ごろ、インターホンから「飯野さんのご家族の方、すぐ看護室に来て下さい」というナースの声がジョニーの耳に届いた。

「お子さんが呼吸困難に陥っています、さっきチアノーゼを起こしたんです。最善の処置はしていますが、助かるかどうか、五分五分です」

 生まれたばかりの男児が危篤状態に陥っていた。「容体は一刻の猶予もない」と説明されたジョニーは、そのまま院内で一夜を明かした。しばらくは小康を保っていたが「どう転ぶかわからない」とも聞いた。23日もジョニーと矢住代の母の辰子は、待合室でじりじりとしながら経過報告を待った。

 その間、ジョニーも辰子も何度か矢住代とも面会している。当然この件は矢住代の耳に入れなかった。「何かあったの?」といぶかしそうな彼女に、「ううん、別に何もないよ。余計なことを考えないで今はゆっくり休んで」とジョニーはシラを切り通した。矢住代はこくりとうなずくと再び眠りに落ちた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  2. 2
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 3
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  4. 4
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  5. 5
    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

もっと見る

  1. 6
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  2. 7
    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

  3. 8
    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

  4. 9
    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

  5. 10
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり