児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

韓国ではクラスター回避よりも宗教心が大切 何かにすがらないと生きていけない

公開日: 更新日:

 韓国ドラマのロケ地巡りをしている時に、財閥の人たちが住むような高台の高級住宅地からソウルの街を見下ろしたことがある。真っ先に目に飛び込んできたのが十字架の数々だった。後に韓国人から「韓国はクリスチャンが多い」と教わった。ドラマでも教会のシーンをよく見るし、芸能人にもクリスチャンは多い。

 正月に神棚を拝み、神父の前で永遠の愛を誓い、ハロウィーンで仮装をして坊主にお経をあげてもらう“なんちゃって”が大多数の日本と違って、熱心に宗教活動をしている人が全人口の半数近くに上るというから驚きだ。理由を聞くとさまざまな答えが返ってくるが、その多くが「景気も悪く、何かにすがらないと生きていけない人が多い」というものだった。

 今月21日から日本で公開される韓国映画「声もなく」では、犯罪組織の末端にいる男が敬虔(けいけん)なクリスチャンだった。脚の不自由な中年男と口の利けない青年は死体の清掃係をして生計を立てている。中年男は宗教心を持ち、「与えられた仕事に感謝しろ」と青年に言う。死体処理のための着替えのシーンでは壁にこう書かれている。「誠実に流した汗が、明日の笑顔に」。まるでコメディーだが、2人は意図せず誘拐犯になってしまい、信じていた神からも見放されてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

  3. 3
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 4
    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

  5. 5
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

もっと見る

  1. 6
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  2. 7
    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

  3. 8
    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

  4. 9
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  5. 10
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音