城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

公開日: 更新日:

 島田陽子さんが亡くなった。3年前から大腸がんを患い、闘病生活を送っていたそうだ。ワイドショーでさんざん扱われ、僕らもあらゆる場面で直撃取材を試みたことを覚えている。1980年の米NBCテレビドラマ「将軍 SHOGUN」のヒロイン役が当たり、27歳の若さでゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞した。そして「国際派女優」として大物の扱いになったのだが、あの故・内田裕也さんと不倫関係になり、内田さんと妻の故・樹木希林さんの離婚裁判のきっかけをつくった格好だ。

 その後は多額の借金問題や金銭トラブルが続出し、最初こそ事情説明の囲み会見をしたこともあったが、次々に発覚することから答え切れずにノーコメントで逃げるような事態になった。当時のワイドショーは、彼女が別に返答しなくても、その姿を放送するだけで話題のひとつとして成立した。いわば、ワイドショースターだった。

■僕も取材でヨイショしすぎた

 その頃、僕はなかなか取材できない彼女にツテがあって、単独インタビューができることになった。“大物”だから「横浜近辺に良いスペースを見つけて用意して」というので、海のそばの高級ホテルのスイートルームを時間借りした。その上でバルコニー側のカーテンを全開にし、そこから差し込む光に負けないくらい、照明キットをいつも以上に立て、イヤというほど明るくした。彼女に限らず女優というのは皆、照明が強いほうを喜ぶもの。多少のシワなら飛んでしまうと信じているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか