【追悼】島田陽子さん 足かせになった“国際派女優”の肩書…人生の後半はワイドショーの主役に

公開日: 更新日:

 女優の島田陽子さんが死去したことが25日、わかった。報道などによると、かねて大腸がんを患っており東京都内の病院で亡くなった。享年69。

 熊本県出身の島田さんは1970年のドラマ「おさな妻」でデビュー。その後はドラマ「白い巨塔」や映画「砂の器」などに出演。80年にはアメリカのテレビドラマ「将軍 SHŌGUN」でヒロインのまり子を演じ、ゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞。一躍、“国際派女優”と呼ばれる存在になった。

 しかし、「この肩書が後々まで彼女の足かせになってしまった」というのはジャーナリストの二田一比古氏だ。こう続ける。

「若い頃から美人女優でしたが、『将軍』で得た“国際派女優”を維持するためなのか、仕事は選ぶ、やりたくないことはしない、生活は派手、結果、借金だらけ。ピーク時は2億円ともいわれたものです。当時の事務所社長が肩代わりしたこともありましたが、それでも足りず、自分でスポンサーを見付けてきたり、日給100万円で銀座の高級クラブの一日ママになったりしたこともありました」

内田裕也不倫の過去も…

 88年には内田裕也とのハワイ不倫を“フライデー”されたことも。その後、ヘアヌード写真集はベストセラーに。94年にはドラマの撮影で知り合った3歳下のテレビマンと結婚したが2019年に離婚。後半生はドラマや映画よりもワイドショーの主役が多い人生だった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった