著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

松坂慶子が“ムショ活”、大地真央は“世直し女医”に 名コメディエンヌ2人が土曜夜ドラマで好演

公開日: 更新日:

 8日の土曜ドラマ「一橋桐子の犯罪日記」(NHK)を見て「その手があったか!」と将来への不安が少し和らいだ。これもひとえに松坂慶子のおかげかもしれない。

 松坂演じる主人公の一橋桐子は70歳の独居老人。3年間一緒に暮らしていた唯一の親友(由紀さおり)が亡くなり、年金とパチンコ店の清掃のパート代だけでは家賃も支払えず、ボロアパートに引っ越し。身寄りのない老人に世間は冷たく……。世の中に絶望し、刑務所に入ろうと“ムショ活”を始める。

 昨今、終活ばやりで週刊誌などでもやたら終活をあおってくるが、店じまい感が強くどうにも気がめいる。その点、ムショ活はアクティブだ。家賃タダ、3食付きの刑務所をついのすみかに定めた桐子が、なんとか人さまに迷惑をかけることなく刑務所に入る方法はないかとチャレンジする姿がおかしい。シリアスな題材だが、ユーモラスに描かれているのでスッと入ってくる。思い詰められた桐子の心情もわかるし、これは他人事ではないな、と……。

 第1話は「娑婆に未練なし」。孤独な老人が刑務所に入る方が幸せかもと思ってしまう日本ってどうなんだ、という問題提起を大上段ではなく、遊び心をもって描いている。なにより桐子を全力で演じる松坂慶子が素晴らしい。上品でおっとり、世間知らずの桐子にぴったりだ。

 偽札作りを勧められてコンビニのコピー機で紙幣をコピーしようとするなんてありえない! と思いながらも松坂が演じるとリアリティーが増す。「愛の水中花」のバニーちゃんの面影はないが、変わらず可憐で華がある。桐子のパート先、パチンコ店の上司でムショ帰りの噂があり、桐子のムショ活の指南役となる久遠(岩田剛典)との関係も気になるところ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで