タッキー電撃退社は「SMAP解散騒動」に酷似…Snow ManとSixTONES引き連れ独立の憶測も

公開日: 更新日:

 10月31日、ジャニーズ事務所副社長で子会社「ジャニーズアイランド」社長のタッキーこと、滝沢秀明氏(40)の突然の退社が発表され、驚きの声が広がっている。

 2018年に芸能活動から退き、故・ジャニー喜多川さん(享年87)の“後継者”として、タレント育成のため裏方に回った滝沢氏。ジャニーズJr.に定年制を設けたり、コロナ禍での舞台のオンライン配信、タレントのYouTubeチャンネル開設、グッズのオンライン販売などを展開。さらに、Snow ManSixTONESなどを人気グループに育成。グローバル展開を目指してきたTravis Japanが、10月28日に「JUST DANCE!」でメジャーデビューを果たしたばかりだ。

「創業者のジャニー喜多川さんが19年、メリー喜多川さんが21年に立て続けに亡くなったことで、圧倒的地位を築いてきたジャニーズ事務所が芸能界でのポジションを脅かされるといわれる中、ジャニーズを守るために奮闘してきたのがタッキーでした」(スポーツ紙記者)

 フジテレビドラマ「silent」にSnow Manの目黒蓮(25)が主要キャストに起用されているほか、多くのジャニーズタレントが10月期のドラマに出演。裏方としてテレビ局と良好な関係を築いてきた賜物だと評価する声もある。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路