中居正広「深刻病巣摘出」報道は心配だが…劇団ひとりと“親密”キャラクタービジネスは順調!

公開日: 更新日:

《深刻病巣摘出》――発売中の週刊新潮(11月3日号)にそう報じられた中居正広(50)。10月に入って立て続けに自身の冠番組を欠席したのは盲腸がんの切除手術のためだったようで、ファンからは心配の声も上がっているが、仕事は順調のようで、キャラクタービジネスにも参戦した。

「中居正広のキャスターな会」(テレビ朝日系)の絵本シリーズ第2弾「パリン グリン ドーン」のメインキャラクター「なさいくん」のお菓子「おかしななさいくんグミ」が24日に全国のセブン-イレブンで発売された。

 なさいくんは、中居+ちょっとダサい+野菜がモチーフの緑色のキャラクターでマスカット味。レアキャラの「金色のなさいくん」はりんご味だ。メタリックシールが1枚封入、なさいくんのほかに、絵本プロジェクト第1弾「♪ピンポンパンポンプー」のメインキャラである「のんちゃん」と「びりーくん」など全10種類。うち4種類はレアで、不採用となったなさいくんの原案などがあるという。

 同番組の絵本プロジェクトは2020年にスタート。キャラクターデザインを担当した共演者の劇団ひとり(45)が、カピバラの「のんちゃんとびりーくん」を考案した。コロナ禍でステイホームを強いられた時間を利用して、自宅で勝手にデザインし、番組で発表。のちに、番組公式グッズ第1弾としてエコバッグを販売。11月には古市憲寿(37)が文章を担当し、絵本を出版。15万部のヒット作になった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽