著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

タレントを引退する滝沢秀明に「同窓会を開くのはどうですか?」と聞いた時の答え

公開日: 更新日:

 タッキーことジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(40)が突然、10月末で退社したことが大きく報道された。「タッキーが辞めた、エエーッ、まさか……」と驚くばかりだった。

 2018年末にタレント活動をやめて、後進の育成を中心に裏方に徹してきた。彼はコロナ禍の中、コンサートがすべて中止となった時に、いち早くライブをオンライン配信し、グッズも通信販売して利益を上げた。コロナ以前から彼が準備してきたことが生きた形だった。

 そして、今や大人気となった「SnowMan」と「SixTONES」をCDデビューから紅白出場にまで導いている。ジャニーズ事務所にとっての功労者と言ってもいいだろう。

 4年前、タッキーは故・ジャニー喜多川さんに「タレント活動をやめて、ジャニーさんの傍らで勉強し、後を継ぎたいと申し入れ、ジャニーさんは非常に感激した」と聞いている。

 ジャニーさんが思いのほか、早く亡くなって大きなショックだったようだが、“ジャニーイズム”を残していくのは自分だという思いは強かった。タレントの育成に成功しだしていたが、彼はさらに強く、「他のデビュー前の数あるユニットのジャニーズJrたちも、何とかして日の目を見させてあげたい」と考えていたようだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント