タッキー退社でスポーツ紙のジャニーズ忖度は変わったか? SMAP解散時“ヨイショ報道”と比較

公開日: 更新日:

 "ジャニーズ報道"は変わったのか。11月1日、各スポーツ紙が一斉にジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明氏の退社を報じ、大きな話題となった。しかし、前日には『サイゾーウーマン』と『FRIDAY DIGITAL』がいち早く伝えていた。

「情報が漏れたのでしょう。スポーツ紙は紙面を優先させるため、取材から発表までにタイムラグがある。どこか一社が先にネットで速報を流してもいいと思いますが、横並びで一斉に出す。協定があるのかと疑いたくなるほどです。ジャニーズはスポーツ紙に滝沢氏に代わる『ジャニーズアイランド』新社長の井ノ原快彦だけでなく、新春のジャニーズJr.の舞台で演出をする東山紀之堂本光一のインタビューもさせた。『滝沢氏退社のビッグニュースを提供するのでお手柔らかにお願いします』という意図が感じられますし、舞台の宣伝も怠らなかった」(芸能記者)

 ジャニーズ事務所とスポーツ紙の蜜月関係は、いまや広く読者にも知られているだろう。

「所属タレントに紙面に登場してもらうと、熱狂的なファンがスポーツ紙を買って売り上げに貢献してくれる。メリットが大きいため、ジャニーズのスキャンダルは報じない。しかし、その姿勢は事務所に有利な記事の量産にもつながり、読者に疑念を持たせる。最も違和感があったのは2016年1月のSMAP解散報道でしょう。各紙の論調は事務所に残る木村拓哉を善玉、その他のメンバーを悪玉に仕立てるようなものでした」(前出の芸能記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路