タッキー人心掌握お見事! 巧みにツイッター不慣れを“演出”?「プロフ見守り隊」まで登場

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所副社長を退任後、7日にツイッターを開設した滝沢秀明氏(40)。開設後すぐに同事務所を退所した後輩の赤西仁(38)、山下智久(37)、錦戸亮(37)が反応した。8日には初投稿があったが、コメントを載せた画像が逆さまにアップされるなど、話題に事欠かず、開設3日目にはフォロワーが214万人を超える人気アカウントになっている。

 滝沢氏は開設日から、アイコン、名前、IDの下にある「bio欄」(自己紹介欄、プロフィール)を頻繁に書き換えては削除を繰り返し、ファンを引きつけていた。

「bio欄」が「Instagramやってません」「パスワードってどこでかえるの?」などと頻繁に更新されるため、《眠れない》なんて声もあったほどだ。SNSに不慣れな印象を持った人も多いかも知れないが、「さすが!」との声もあがる。

「ジャニーズ事務所は滝沢氏が副社長になってから、タレントのSNS解禁やグループのYouTubeチャンネルの開設といったデジタル戦略に力を入れています。Travis Japanは、デビューシングル『JUST DANCE!』を全世界配信し話題になった。当然、滝沢氏がSNSに“疎い”訳がありません。「bio欄」は、フォロワーを集めるために戦略的に記入する人は多く、気になるユーザーが頻繁に更新していると何度も見に行ってしまう。『プロフ見守り隊員』などと称し、キャプチャーを集めているファンも出現していますし、ジャニーズ問題に関心あるユーザー心理をうまく活用しています。計算だとしても、それが可愛いと受け取られるほどよい“あざとさ”もあります」(ITジャーナリスト)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路