キムタク「信長フィーバー」報道にジャニーズファンは辟易? TV局への圧力か、忖度か

公開日: 更新日:

 岐阜市で6日に行われた「ぎふ信長まつり」の騎馬武者行列には、信長役の俳優・木村拓哉(49)見たさに全国から46万人が終結し、大きく取り上げられた。はかま姿となったキムタクは観客らにセンスを向けるなどファンサービスを欠かさず、ジャニーズ事務所所属の俳優ながら、写真撮影OKの"神対応"も話題に……。

《タッキー辞めるわ、キンプリ分散だわ、ジャニーズ事務所大丈夫か?と思ってた矢先に、関ヶ原以来の集客で「やっぱりジャニーズすげぇな」と言わしめたキムタクすごいよ!!!!!》

《色々な報道のトップニュース、当選倍率、経済効果、来場者数をみて思ったのはいつまでたってもキムタクは国民的アイドル 最近ジャニーズで心配になる出来事が多かったけど改めてジャニーズすごい》

 しかし、キムタクのカリスマ性で、改めてジャニーズ事務所のブランド力が示された一方、11月1日のタッキー退社、4日のキンプリ分裂報道が霞んでしまった印象だ。テレビ番組をはじめ、メディアがキムタク効果をもてはやせばもてはやすほど、一部ジャニーズファンからは不満の声も漏れてくる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント