流行語大賞で毎年指摘される“野球偏重説”に終止符? やくみつる氏が「ゴリ押し」否定発言

公開日: 更新日:

「私がねじ込んだわけではございません」

 やく氏は開口一番、11月4日発表された今年のノミネート語30語に野球関連の言葉が6つ入っていると指摘。さらに、ノミネート語発表の直後には、「野球好きのやくみつるが野球関連の言葉をねじこんだのではないか?」という声がネットに上がったと語った。しかし、やく氏は、「私はむしろ、6つよりも減らした方が良いのではないかと申し上げました」と語りつつ、「ところが、今年は他の選考委員の方々が6つの言葉をいずれも強く押された結果、ノミネートされました。ということで、私がねじ込んだわけではございません」と、毎年流行語大賞に言われる「野球関連の言葉が多すぎないか?」との批判は自分には当たらないと、ネット上の「定説」を否定したのだった。

 その一方で、やはり選考委員の姜尚中氏と辛酸なめ子氏の口からは野球関連の言葉が飛び出していた。辛酸氏はさらりと「希望の星である大谷翔平選手」と触れただけだったが、姜氏は今年の世相が暗かったと語りつつ、「何か光が欲しいなと思った時に、光をくれたのは野球でした」と選評のテーマとして言及。さらには、午後2時のトップテン解禁の前にもかかわらず、「あとで村上さん、出てきますけど」と、村上の受賞を漏らしてしまうなど、野球への強い思い入れがにじむ挨拶となった。

 野球偏重の張本人とされるやく氏の口からは「多すぎないか」の一言があった一方、姜氏の口からは「光をくれたのは野球」という言葉が飛び出すという対象的な選考委員挨拶となったが、流行語大賞の裏事情に詳しいネットニュースライターは1つの可能性を指摘する。

「以前、流行語大賞の関係者から聞いた話なのですが、それは、『野球をゴリ押ししているのはやくみつるさんじゃない。彼はおとりとして振る舞っているだけ』というものでした。となると、野球をゴリ押ししているのは他の選考委員ということになるのかもしれません」

 果たして、真相やいかに。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽