東山紀之の「マッチ発言スルー」より深刻…和田アキ子沈黙でTV局の“ジャニーズ忖度”ハッキリ

公開日: 更新日:

 ヒガシは“因縁の相手”の発言を華麗にスルーした──。ジャニー喜多川・前社長(2019年死去)による性加害問題を巡って、ジャニーズ事務所所属の最年長タレントである東山紀之(56)が21日、キャスターを務める情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)で、「元ジュニアたちの勇気ある告白は真摯に受けとめなければなりません」「未成年に与えた心の傷、人生の影響は計り知れません」「心を痛めた全ての方々、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

「このままジャニーズという名前を存続させるべきなのか」という発言も含め、東山のコメントは他局でも報じられた。14日の藤島ジュリー景子・現社長の公式見解発表後、テレビでは堰を切ったようにジャニー氏の性加害問題を取り扱うようになった。しかし、今も“ジャニーズ忖度”は続いているという。ジャニーズに詳しい週刊誌記者が証拠を指摘する。

「東山さんの謝罪の前に、VTRでジュリー社長の謝罪動画や国会内での性被害・児童虐待ヒアリングの模様が流れました。しかし、重要な映像が使われていませんでした。近藤真彦さんが、ジュリー社長の『(性加害について)知りませんでした』という書面回答について、『嘘はダメだなって。正直に全てをしっかり話さないと世の中の人は許さないと思う』と話したVTRです。1週間の出来事を振り返る番組で、欠かせない素材ですよ。ジャニー氏の性加害について本当に真摯に向き合うなら、東山さんはマッチさんの発言についても言及すべきだったのではないでしょうか」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至