竹下景子がピュリツァー賞受賞の名作コメディーに挑戦 「演劇人として対話の力を信じたい」

公開日: 更新日:

 29日から始まる加藤健一事務所の二人芝居「ジン・ゲーム」に出演する竹下景子さん。二人芝居は2004年に故・萩原流行さんと組んだ「月の光の中のフランキーとジョニー」以来2回目。今回の相手役は加藤健一さん。老人ホームで出会った孤独な2人の男女がトランプ遊びをするうちに心を通わせ、互いの過去を知るというピュリツァー賞受賞の名作コメディーだ。

 ──タイトルはアメリカではポピュラーなトランプ遊びとのことですね。

「ルールは簡単で、同じ札を3枚ずつ集めていくゲームなんですが、稽古で演じているうちに実際にゲームをやってる感覚になって、手札をきれいに揃えてしまうんです。加藤さんから『客席からは見えないので形だけでいいんです』と言われてもつい……。札の並べ替えが気になるからセリフが飛んだりして(笑)」

 ──老後の生き方は日本でも大きな関心事です。

「私も9月で古希。お芝居の年齢設定とほとんど同じです。老人の生きがいが取り沙汰されますが、俳優には定年がないし、年に2~3本というペースを守って舞台に出られることはありがたいことだと思います」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変