参加国の抗議でバレーW杯“ジャニーズ排除”の衝撃度! 国際大会から締め出す流れに

公開日: 更新日:

 世界が「ノー」を突き付けていた。1977年以降、日本開催の続くバレーボールW杯から、長く「スペシャルサポーター」として、所属グループがテレビ出演などしていたジャニーズ事務所の排除が報じられたのだ。

 週刊文春によると、参加国から強い抗議があり、「ジャニーズのアイドルが大会に関わるのであれば出場を取りやめる」と言ってきたのだという。

 今年9月の大会は出場国にはパリ五輪の出場権のかかる大一番。そこにジャニー喜多川氏の性加害問題と、それを放置してきた2代目社長が問題の存在すら「知らない」と言い張り、きちんとした対応すらしていないジャニーズが介在することを疑問視する声は大きかったようだ。

「主催は国際バレーボール連盟(FIVB)ですが、日本バレーボール協会との共催で、大会を独占中継するフジテレビは今回もジャニーズを出そうとしていましたよ」

 と話すのは広告関係者。

 今大会は、関西ジャニーズJr.のメンバーで、19年結成の6人組「Aぇ!group」のスペシャルサポーター決定がいわれていたのだそうだ。デビュー前のグループだが、ジャニーズは大会中に大々的に売り出していく予定だったか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽