門脇麦「厨房のありす」に「セクシー田中さん」問題が重なる不運…難役続き《普通の演技見たい》の声も

公開日: 更新日:

 門脇麦(31)が主演を務める「厨房のありす」(日本テレビ系)が、世帯視聴率5%台と伸び悩んでいる。門脇が演じるのは、コミュニケーションを取るのが苦手な自閉スペクトラム症(ASD)を抱えながら、天才的な化学の知識を持ち、客の健康状態や精神状態に合わせた料理を作る一風変わった料理人。毎回、化学や健康の知識などに関する情報を早口で話す長台詞がお馴染みとなっている。

 こだわりが強く、大きな音などがダメという制限も多い自閉症の役ゆえに、一見偏屈で癖が強そうなキャラクターに映ってしまいそうだが、そこは門脇。持ち前のバランス感覚と演技力で、制限がある中で必死に生きる可愛らしい女の子像をうまく作っていると、視聴者からは好評だ。

 その一方で、門脇の技量を試すかのように、ここ数作は"変わった人”の役が続いており、《麦さんは、好きなんだけど、もっと普通の演技が見たい》という声も上がっていた。

■制作側の技量試しに癖のある役柄が与えられてしまう実力派

「門脇さんといえば、演技に定評がある実力派です。それゆえに制作側が『他の人がやると成立しないような変わった役を演じさせてみたい』となってしまうのか、22年10月期のフジテレビ系『親愛なる僕へ殺意をこめて』で連続殺人鬼を崇拝し、自らも殺人をする女子大生の役を演じました。その直後の日テレ系『リバーサルオーケストラ』では天才バイオリニストなど、どうしても一癖ある役が与えられがちな印象です。そういったところが門脇さんの代表作と言われて、すぐに連想できるものがないという点に繋がっているのかもしれません」(ドラマ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮