本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)などの著書がある。新著「1秒で答えをつくる力──お笑い芸人が学ぶ『切り返し』のプロになる48の技術」(ダイヤモンド社)が発売中。

博多華丸・大吉の「舞台への思い」が凝縮されたコメントに涙…どんな売れても2人は自然体

公開日: 更新日:

「あさイチ」(NHK)ですっかり日本の「朝の顔」になった博多華丸・大吉くん。1990年に福岡事務所の1期生で吉本に入りましたが、福岡では人気者になってもなかなか地元を離れず、このまま「ローカル芸人」で過ごすのかなとも思っていましたが、2005年に満を持して上京。しかし、その時、すでに30代半ばということもあり、仕事は若手たちが優先して、オーディションを受けてもなかなか思うような結果を残せずにいました。

 その時、転機が訪れます。

とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の企画コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の6回大会のオーディションに初めて合格。それが後に華丸くんの代名詞にもなった「パネルクイズアタック25」(朝日放送、テレビ朝日系)司会の児玉清さんのモノマネでした。ここで見事に優勝。さらに第7回大会にも優勝し、番組史上初の連覇を果たして一躍名を馳せることになります。

 このモノマネ、福岡の事務所でネタやイベント企画を考えていた時に生まれたそう。事務所で必ずテレビがついていて、「アタック25」の児玉清さんの動きを毎回見るともなく見ているうちに、細かいイントネーションや所作を覚えてしまい「アタックチャンス!」というおなじみのセリフの時にはいつのまにかアクションを交えて声を合わせて言っていて、それがいつしか華丸くんの持ちネタに。ですからあえて「児玉清さんのマネをしよう」としたのではなく“いつのまにか身についていた”のが真相のようです。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋