「でんぱ組inc.」電撃解散発表は必然? 2025年に活動停止、正統派アキバ系アイドルが残した爪痕

公開日: 更新日:

 アイドルグループ「でんぱ組.inc」が20日、2025年初頭のラストライブをもってグループを解散することを電撃発表して話題となっている。

 コラボ楽曲などもある歌手でタレントの中川翔子(38)は、「わああああ! 16年走り続けて凄すぎる! パンチラインはわたしの青春! ありがとうでんぱ組!」と自身のXで活動停止を惜しみ、ねぎらった。

■オタクカルチャーを世界に発信

 07年にライブバー「秋葉原ディアステージ」で働くオタクのメンバーを中心に結成され、10年に本格始動。これまで、日本武道館や幕張メッセなどでライブを行い、15年には、イギリスの日本文化の祭典「HYPER JAPAN」でロンドン公演の舞台にも立った。現在は7人体制で活動していた。

 プロアイドルヲタクを自任するアイドル評論家のブレーメン大島氏はこう話す。

「秋葉原に常設会場を持ち、定期的にライブを行うという“アキバ系アイドル”の象徴的存在でした。“国民的グループアイドル”になっていったAKB48に対し、サブカルシーンでの人気は根強く、『グループアイドル戦国時代』といわれた頃にも独自のポジションを築いていましたね。最上もが、そして今のバカリズムの奥さんである夢眠ねむ、ら個性的な人を多数輩出しました」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!