篠原涼子&バカリズム「イップス」に落胆の声が上がる謎解き かつての“視聴率女王”終わりの始まりか

公開日: 更新日:

 ネット上には《バカリズム篠原涼子 最高の組み合わせ》と評価する書き込みがある一方で、《ギャグもちょっと古くさい》《制作陣もキャストも豪華なのに》《途中離脱かな》なんて落胆の声も少なくない。12日にスタートした篠原涼子(50)&バカリズム(48)ダブル主演の「イップス」(フジテレビ系=金曜夜9時)の話。

 脚本は「ドラゴン桜」第2シリーズ(2021年TBS系)、昨年の「となりのナースエイド」(日本テレビ系)などを手掛けたオークラ氏。“書けなくなった”ミステリー作家(篠原)と“解けなくなった”エリート刑事(バカリズム)の“絶不調バディ”が、絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディーという設定も、「いかにも面白そうで、期待値が上がりすぎてしまったのかもしれません」とテレビ誌ライターがこう続ける。

■やっぱり篠原さんの《演技が古い》の声

「《面白くない》というほどでもないんだけど、《中途半端》《テンポが悪い》《微妙》《イマイチ》……期待が大きかった反動で、続けて見るほどではないという感想を持った視聴者が多いような印象です。中には、いまだに『イップス』がバカリズムさんの脚本と誤解している視聴者もいるようで、昨年話題になったバカリズムさん脚本の『ブラッシュアップライフ』(日テレ系)と比較して、《主演は篠原涼子より安藤サクラの方が良かった》なんて声もあるほどです。それにまあ、篠原さんにはアンチも少なからずいますしねえ。やっぱりと言うか、篠原さんの《演技が古い》という指摘もチラホラあります」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今