長谷川博己「アンチヒーロー」番宣に寝坊、疲労の色濃く…個人事務所“経営難”報道のウラ事情

公開日: 更新日:

 初回の世帯平均視聴率が2ケタ発進とまずまずのスタートを切ったのが、長谷川博己(47)主演のTBS系日曜劇場「アンチヒーロー」。長谷川は今作で弁護士役を務めるにあたり、裁判の傍聴をしたり六法全書を読み込んだりと役作りに没頭するほか、座長という立場で撮影に臨んでいるが、プライベートでさまざまな問題を抱えているという。

女性自身」(2024年4月30日号)によると、長谷川は高齢の母親の介護問題に直面する一方で、3月から仕事復帰している女優の鈴木京香(55)が病気療養中に身の回りの世話をするなど、献身的にサポートしてきたとのこと。

 2010年放送のNHKドラマ「セカンドバージン」での共演をきっかけに、長谷川は8歳年上の京香と交際をスタートさせている。

「鈴木はセカンドバージンで長谷川と共演した頃、俳優の真田広之と交際中と言われていました。ロスに活動拠点を移した真田を追うように、鈴木は08年に当時の所属事務所を辞めて、ロスに豪邸を購入。仕事があるときだけ日本に帰国するという生活スタイルでしたが、11年に真田と破局。その後、長谷川と交際をスタートさせています」(女性週刊誌記者)

 京香の誕生日(5月31日)が近づくと、女性週刊誌などが2人の“バースデー入籍”を報じるのが恒例となっていたが、今度こそ入籍と言われながら、現在の事実婚状態が10年以上続いているという。

「長谷川が日曜劇場で主演を務めるのは『小さな巨人』以来7年ぶりですが、プライベートで心労が続いているのか、撮影現場などでは疲れている様子が目撃されています」(ドラマ制作会社プロデューサー)

「アンチヒーロー」スタート前の4月11日、番宣のために情報番組「THE TIME,」(TBS系)に出演した長谷川だったが、まさかの寝坊で遅刻するという失態を演じてしまった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント