吉永小百合「美貌と矜持」は不変 来年80歳とは思えない神々しさにサユリストうっとり

公開日: 更新日:

 俳優の吉永小百合(79)が24日、新文芸坐(東京・池袋)で行われた映画女優デビュー65周年記念企画「吉永小百合青春時代写真集」発売記念特別上映会イベントに登場した。

 白のジャケットにハイヒール姿で現れた吉永の印象は若々しく、来年で80歳になるとは思えない神々しさ。会場の外には出待ちのサユリストも現れていた。

【写真】この記事の関連写真を見る(13枚)

 高校の入学式の日に日活に面接に行き、以来、日活映画の出演作は通算79本。「なぜもう1本、出なかったんだろうと。でも79本は誰かの年齢と同じだと」とほほ笑んだ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「吉永さんの変わらぬ美しさは努力のたまもの。美容、運動はもちろん、いくら注意していても姿勢や滑舌など、日々の生活に老いが出てしまうものですが、みじんも感じさせないのは、メンテナンスとそれを貫く強さがあってこそ。NHK紅白で原爆詩を朗読し、反戦、反核、反原発をうたい、15歳年上で再婚のテレビプロデューサー・岡田太郎氏との結婚を反対した両親とは関係断絶していたり、穏やかなイメージとは異なる芯の強さが垣間見えます。こうした彼女の美しさ、年の重ね方とライフスタイルを含めて“推し”ているのがサユリストだから、70代になってもファンが離れないのです」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質